解析速報

パチスロ ベルセルク スイカ成立後のリーチ目リプレイ確率

2015/10/27

ベルセルク 解析

[adrotate group="5"]

スポンサードリンク

パチスロ ベルセルク スイカ成立後のリーチ目リプレイ確率・概要

■リーチ目はA~Fの6種類

■「弱スイカ・強スイカ・強チェリー・チャンス目」成立後はリーチ目確率がアップされている

■その内設定差のある役は弱スイカ&強スイカ後のリーチ目A&B

 

設定差のあるリーチ目2種

・スイカ成立後⇒左リール中段or下段に赤7を目安にチェリーを目押し

※リーチ目出現アップはベルこぼしor転落リプレイ入賞まで継続

 

▼リーチ目A

■左リール中段までスイカがすべってリーチ目出現

 

▼リーチ目B

■角チェリー停止からリーチ目出現

 

スイカ成立直後のリーチ目リプレイA&B合算確率

設定 確率
1 1/512.0
2 1/341.3
3 1/256.0
4 1/204.8
5 1/170.7
6 1/128.0

 

リーチ目A&Bの出現率に設定差特大!!

本機のレア小役「弱スイカ・強スイカ・強チェリー・チャンス目」成立後はリーチ目確率がアップされている。

主にリーチ目は6種類あり、その内設定差のある役は弱スイカ&強スイカ後のリーチ目A&B。

分母が大きいため、サンプル集めは中々時間を要するが、設定1と設定6は4倍もの差がある。

また、これを見極めるためにはシビアな目押しが必要。

左リール赤7付近のチェリーを中段or下段にしっかりと押せなければ中段までスイカがすべらず、リーチ目Aの出目が停止しないのだ。

ある程度の目押し技術が必要となるが、設定差が大きいため是非活用しよう!

 

ベルセルク 解析まとめ

-解析速報
-,